薄毛対策

コーヒーは薄毛の原因になるの?

コーヒー

コーヒーは薄毛の原因になるの?

コーヒーは薄毛の原因になってしまうのでしょうか。

コーヒーに含まれる成分カフェインが髪に良くないのでは?

そんなふうに考えている方が多いようです。

そこで、コーヒーが薄毛の原因になるのかどうか、その関係について見ていきましょう。

コーヒーに含まれるカフェインの作用

コーヒーにはカフェインという成分が含まれています。

その含有量は、コーヒーの浸出液の状態では次のようになっています。

  1. カフェイン: 0.06 g
  2. タンニン: 0.25 g

浸出法: コーヒー粉末 10 g/熱湯150mL
(日本食品標準成分表による)

コーヒーに含まれるカフェインには、

  • 眠気をさます
  • 疲労回復
  • 利尿作用
  • 交感神経刺激
  • 胃液の分泌を高める

などの作用があることが広く知られています。

そして、もっとも注目すべきは、

カフェインには血行を良くする作用がある

という点です。

カフェインは苦みが強く、交感神経を刺激するので、血液の循環を良くするという効果が期待できるのです。

髪は、毛球の中にある毛母細胞という細胞が分裂することで成長していきます。

毛母細胞の分裂を助けるためには、酸素と栄養が必要不可欠です。

そして、毛母細胞まで酸素と栄養を届けるためには、毛細血管の血流が良い状態であることが大切!

カフェイン薄毛改善

コーヒーを飲むと、コーヒーに含まれるカフェインの作用で交感神経の働きが促進され、血行が良くなります。

血行が良くなると、毛細血管の働きも向上し、頭皮の血液循環も良好になるというわけです。

カフェインの交感神経刺激作用が、髪の成長にも良い影響を与えてくれるようです。

注意ポイント

髪の毛の90%以上はケラチンというタンパク質でできています。ケラチンの合成には亜鉛が不可欠なのですが、亜鉛はカフェインと結びつくと体外へと排出されやすくなります。亜鉛とカフェインは一緒に摂取しないようにするほうがよいでしょう。

亜鉛に髪の毛をつくる効果が!女性の髪の元気をサポート

コーヒーは薄毛の原因ではないが大量摂取に注意

コーヒーは薄毛の原因ではありませんが、大量摂取には注意が必要です。

コーヒーに含まれるカフェインは、一度に多く摂ってしまうと、心悸亢進などが起こることが懸念されます。

一度に摂取するのは、2杯以下に抑えておいた方が良いとされています。

また、食前に(空腹時に)飲むと、胃の障害を起こしたり、食欲がなくなったりすることもあると言われています。

コーヒーの栄養素

コーヒー100mlに含まれる栄養分

  • 水分:99.5g
  • タンパク質:0.2g
  • 脂質:0.1g
  • カルシウム:0.1g
  • リン:4mg
  • ナトリウム:2.0mg
  • カリウム:55mg
  • ビタミンB2:0.01mg
  • ナイアシン:0.3mg

このように、コーヒーには栄養素というものはほとんど含まれていません。

コーヒーは嗜好性飲料として楽しみ、カフェインの効果で疲労を回復させ、食欲促進などに役立てましょう。

また、コーヒーの香りをかぐと、脳から出るα波が増加し、気持ちを落ち着かせる効果があることがわかっています。

女性薄毛とコーヒー

精神のリラックス効果によって、頭皮の血流に悪影響を与えるストレスを取り除いていくと良いでしょう。

ストレスで抜け毛の症状が現われることがある

但し、飲み過ぎは良くありません。

カフェインの覚醒作用によって、不眠になってしまっては、自律神経を乱してしまいます。

リラックス効果が見込めるのは、1日2~3杯までにしておくのが、適量のようです。

-薄毛対策

© 2021 女性薄毛対策110番