薄毛原因

産後の抜け毛はいつまで?ホルモンバランスとの関係

産後

産後の抜け毛はいつまで続くの?

分娩後の女性に、抜け毛の症状が見られることがあります。

妊娠中は、ホルモンの影響で、抜けるべき髪の毛が抜けずにいた結果、出産後、ホルモンバランスが正常に戻ることによって、一斉に脱毛が始まるのです。

 

妊娠中、女性の体は、出産をひかえて女性ホルモン(黄体ホルモン)で満たされています。

女性ホルモンは、ヘアサイクルの成長期の期間を延ばすので、妊娠中は、抜け毛が減少します。

しかし、出産を終えると、ホルモンバランスが正常に戻り、延びていたヘアサイクルの成長期の期間が休止期に向かうことによって、一気に抜け毛が増えるというわけです。

産後抜け毛の症状は、出産後2~5ヶ月ごろから始まり、たいていは、半年ほどで症状は治まると言われています。

更年期以降の女性の薄毛・抜け毛の症状

女性の場合、更年期以降は、女性ホルモンが減少していきます。

女性ホルモンの分泌が少なくなる更年期以降は、男性ホルモン(女性でも分泌されています)の影響を受けて、抜け毛や薄毛の症状が見られるケースがあります。

男性ホルモンの影響を受けるといっても、男性のような脱毛が起こるわけではありません。

しかし、女性ホルモンの分泌量が減った結果、割合的に男性ホルモンが増えることにより、抜け毛が増えたり、髪が細くなったりという、女性の薄毛症状が出ることがあります。

加齢による女性の抜け毛

女性の場合、加齢による女性ホルモンの減少で、体温調節に関わる自律神経が乱れて、血行不良を起こしやすくなるとも言われます。

血行不良はヘアサイクルを乱す原因ですから、抜け毛や薄毛の症状が現れやすくなります。

更には、女性が更年期に入ると、加齢のために、皮脂分泌が減ってしまいますから、頭皮もおのずと、乾燥しがちになります。

頭皮の乾燥は、ヘアサイクルの乱れを招き、ヘアサイクルが短くなってしまうことで起こる、抜け毛や全体的なボリュームダウンの症状が現れます。

このように、更年期以降の女性は、特にヘアサイクルが乱れやすい環境に置かれていると言えます。

正常なヘアサイクルを取り戻すためには、生活習慣を見直すとともに、育毛剤の使用も有効な手段の一つとして考えてみましょう。

育毛剤は、頭皮を潤し、血行を促進させる成分が含まれていますので、抜け毛や薄毛症状が気になり始めたら、大いに活用して、育毛環境を整えましょう。

-薄毛原因

© 2020 女性用育毛剤比較ランキング!女性のつむじはげ110番