薄毛原因

抜け毛症状に病気がかくれている可能性がある

医師

抜け毛で疑われる病気

抜け毛の症状から病気が疑われることがあります。

通常、1日に抜ける髪の毛は、正常なヘアサイクルのもとでは、約50本~100本程度と言われています。

この程度の抜け毛であれば、自然な生理現象であり、何も問題ないとされています。

しかし、1日に100本以上の髪の毛が抜けてしまったり、一度に大量の髪の毛が抜けてしまったりした場合は、要注意です。

例えば、内分泌疾患によるホルモン異常が原因で発症する

  • 甲状腺機能低下症
  • 甲状腺機能亢進症

の症状の一つとして、抜け毛が見られることがあります。

甲状腺の病気は、男性よりも女性に多いことがわかっています。

ただの抜け毛だと思っていると、その裏には、甲状腺の病気がかくれているかも知れません。

また、婦人科系の

  • 卵巣の病気

が潜んでいる場合も考えられるようです。

生活習慣の改善を試みても、抜け毛の症状に変化が見られない場合には、早めに病院を受診しましょう。

脱毛症

脱毛症にはいろいろな種類があります。

脱毛症の種類によって、

  • 脱毛の仕方
  • 脱毛の原因

は様々です。

以下は代表的なものです。

これらの他にも、「慢性休止期脱毛」と呼ばれる原因不明の脱毛の症状もあります。

-薄毛原因

© 2021 女性薄毛対策110番