薄毛原因

ストレスによる抜け毛は自律神経の乱れが原因?

ストレス

ストレスによる抜け毛と自律神経

ストレスと抜け毛についてお話しする上で重要なことは、自律神経との関わりです。

なぜなら、ストレスは自律神経の働きを乱す原因となるからです。

自律神経とは、循環器などの体を調整する神経で、

  • 体の活動時に活発になる交感神経
  • 安静時に活発になる副交感神経

の2種類があり24時間働き続けています。

交感神経と副交換神経、この2つのバランスが損なわれることを 自律神経の乱れ と呼んでいます。

自律神経の乱れは、ストレスや不規則な生活によって起こり、その結果、体の器官にさまざまな不調が現われます。

ストレスが抜け毛をまねく理由

ストレスは、自律神経を乱す原因の一つです。

自律神経の乱れは血行を悪くしますから、頭皮への血流も良い状態でなくなってしまいます。

髪の成長を左右する毛根部分の血流が悪いと、細胞分裂を繰り返すことで髪を成長させる毛母細胞に栄養が行き渡らず、分裂が活発に行われなくなります。

そうすると、髪の毛が細くなったり、つむじや分け目が薄くなったりといった抜け毛や薄毛の症状が見られるようになってしまいます。

また、ストレスは睡眠と関係が深いと考えられていて、寝不足が続くことによるストレスで、さらにストレスが溜まってしまうという悪循環に陥ることもあります。

睡眠不足が抜け毛の原因になる?

本来、睡眠中は、自律神経の副交感神経が優位になり、体をリラックスさせ、また、血管が拡張して血行が良くなります。

ところが、寝不足によって自律神経が乱れて、交感神経が優位な状態が続いてしまうと、血管がずっと収縮して、血流不足になってしまいます。

すると、頭痛が誘発されるなどの不調を感じ、更にストレスで睡眠不足になってしまうのです。

特にストレスを感じやすい性格の女性は、過度にストレスを感じたり、溜め込んだりしないよう気をつけるようにしましょう。

趣味の時間を充実させるなど、自分に合ったストレス解消方法を身につけて、リフレッシュする方法を生活の中に取り入れると良いでしょう。

もちろん、睡眠不足の改善に努めることも大切ですね。

緑茶に多く含まれる成分「lテアニン」が、ストレスの緩和と睡眠の質の改善に作用します。

lテアニン効果で睡眠とストレス対策ができるサプリメントが人気

-薄毛原因

© 2020 女性薄毛対策110番