薄毛原因

ストレスで抜け毛の症状が!自律神経の乱れが引き起こす髪の不調

ストレス

ストレスで抜け毛の症状が起きるのは自律神経の乱れのせい

ストレスと抜け毛についてお話しする上で重要なことは、自律神経との関わりです。

なぜなら、ストレスは自律神経の働きを乱す原因となるからです。

自律神経とは、循環器などの体を調整する神経で、

  • 体の活動時に活発になる交感神経
  • 安静時に活発になる副交感神経

の2種類があり24時間働き続けています。

交感神経と副交換神経、この2つのバランスが損なわれることを【自律神経の乱れ】と呼んでいます。

自律神経の乱れは、ストレスや不規則な生活によって起こり、その結果、体の器官にさまざまな不調が現われます。

そのひとつが、抜け毛の症状です。

ストレスによって抜け毛が起きる流れ

ストレスは、自律神経を乱す原因の一つです。

自律神経の乱れは血行を悪くしますから、頭皮への血流も良い状態でなくなってしまいます。

髪の成長を左右する毛根部分の血流が悪いと、毛母細胞に栄養が行き渡りません。

毛母細胞は、細胞分裂を繰り返すことで髪を成長させるので、栄養不足では分裂が活発に行われなくなります。

その結果、髪の毛が細くなったり、抜け毛の症状が見られるようになります。

ストレスによる睡眠不足が抜け毛につながる悪循環

ストレスは睡眠とも関係が深いと考えられています。

ストレスにより睡眠不足という状態になると、さらに、睡眠不足が抜け毛につながるという悪循環に陥ることがあります。

ストレスによる抜け毛

ストレスによる睡眠不足が抜け毛につながる悪循環に

昼間、職場や学校などの社会生活の場で受けるストレスが強すぎると、緊張が続いて、夜、眠れなくなります。

眠れないまま朝を迎えてしまうようなことになると、

「今日は眠れるだろうか」

という緊張が、さらなるストレスとなり、睡眠不足が続いてしまいかねません。

本来、睡眠中は、自律神経の副交感神経が優位になり、体をリラックスさせ、血管が拡張して血行が良くなります。

ところが、副交感神経が優位となるべき時間帯に、ストレスによって眠れないでいると、交感神経が優位な状態が続いてしまうことになります。

血管がずっと収縮して、血流不足の状態が続くことになるわけです。

副交感神経が優位になって毛母細胞が生まれ変わる時間帯に、眠ることができないのは、髪の毛の成長に悪影響を与えます。

特にストレスを感じやすい性格の女性は、過度にストレスを感じたり、溜め込んだりしないよう気をつけましょう。

コーヒーの時間を楽しんだり、趣味の時間を充実させるなど、自分に合ったストレス解消方法を身につけて、リフレッシュする方法を生活の中に取り入れると良いでしょう。

もちろん、睡眠不足の改善に努めることも大切ですね。

ストレス緩和と睡眠の質の改善に


Lテアニンサプリの効果ですこやかな睡眠をサポート

-薄毛原因

© 2021 女性薄毛対策110番