薄毛原因

ストレスと睡眠不足が抜け毛の原因に!自律神経との深い関わり

睡眠不足

ストレスと睡眠不足が抜け毛の原因に!自律神経との関係

ストレスや睡眠不足と抜け毛についてお話しする上で重要なことは、自律神経との関わりです。

なぜなら、ストレスや睡眠不足(寝不足)は、自律神経の働きを乱す原因となるからです。

自律神経とは、循環器などの体を調整する神経で、

  • 体の活動時に活発になる交感神経
  • 安静時に活発になる副交感神経

の2種類があり24時間働き続けています。

交感神経と副交換神経、この2つのバランスを損なうことを 自律神経の乱れ と言っています。

自律神経の乱れは、不規則な生活やストレスによって起こり、その結果、体の器官にさまざまな不調が現われます。

睡眠不足と抜け毛の関係

睡眠不足(寝不足)はその原因の一つで、自律神経を乱してしまいます。

自律神経が乱れると、頭皮の血行が悪くなり、毛細血管の働きが低下することから、毛母細胞に栄養が不足して、抜け毛やボリュームダウンなどの症状が出るようになります。

自律神経のバランスは、頭皮の血行にかかわるので、睡眠時間を十分にとることが必要になるというわけです。

薄毛と睡眠

正常なヘアサイクルを維持するために不可欠なことは、

頭皮の血行が良い状態

であることです。

睡眠は、ヘアサイクルにも影響を与えるので、良質な睡眠をとるよう心がけましょう。

頭皮の新陳代謝を促すには

特に、22時から深夜2時は、成長ホルモンが盛んに分泌されている時間帯。

副交感神経が優位となって、毛母細胞が生まれ変わる時間なのです。

この時間に眠っていることは、髪の健康のためにとても重要です。

正常なヘアサイクルを維持するためにも、頭皮の血流をスムーズにし、毛根に栄養を行きわたらせる環境を作りたいもの。

夜更かしせず、睡眠は十分確保するようにしましょう。

ストレスと抜け毛の関係

女性薄毛とストレス

ストレスも寝不足と同様、自律神経を乱す原因の一つです。

自律神経の乱れは血行を悪くしますから、頭皮への血流も良い状態でなくなってしまいます。

髪の成長を左右する毛根部分の血流が悪いと、細胞分裂を繰り返すことで髪を成長させる毛母細胞に栄養が行き渡らず、分裂が活発に行われなくなります。

そうすると、髪の毛が細くなったり、つむじや分け目が薄くなったりといった抜け毛や薄毛の症状が見られるようになってしまいます。

特にストレスを感じやすい性格の女性は、過度にストレスを感じたり、溜め込んだりしないよう気をつけるようにしましょう。

趣味の時間を充実させるなど、自分に合ったストレス解消方法を身につけて、リフレッシュする方法を生活の中に取り入れると良いでしょう。

カルピスココカラケア

カルピスのココカラケアは、CP2305ガセリ菌を配合した機能性表示食品です。

  • 睡眠の質を高める
  • ストレスを緩和
  • 腸内環境を改善

日常生活におけるこれら3つの機能を持つ乳酸菌サプリメントです。

睡眠の質改善・ストレス緩和・腸内環境改善に

-薄毛原因

© 2020 女性用育毛剤比較ランキング!女性のつむじはげ110番