薄毛原因

睡眠不足が抜け毛の原因になる?

睡眠不足

睡眠不足が抜け毛の原因に?

睡眠不足(寝不足)や夜更かしがつづくと抜け毛の原因になってしまうことがあります。

睡眠は、自律神経の維持に深く関わっているので、寝不足や夜更かしで生活習慣が乱れると、自律神経にも乱れが生じてしまいます。

自律神経には、交感神経と副交感神経があり、この二つのバランスが崩れることを自律神経の乱れと言います。

本来、睡眠中は副交感神経が優位となり、血管が拡張して血流も良くなります。

自律神経

睡眠中は副交感神経が優位になります

ところが、睡眠不足で自律神経が乱れ、交感神経が一方的に優位になると、血管が収縮して血流が悪くなってしまいます。

おのずと、毛細血管の働きが低下してしまい、頭皮への血流も良い状態でなくなってしまいますから、毛母細胞に栄養が不足して、抜け毛やボリュームダウンなどの症状が出るようになります。

自律神経のバランスは、このように頭皮の血行にもかかわってくるので、健康な髪を維持するためにも、睡眠時間を十分にとることが大切になります。

睡眠

睡眠不足による自律神経の乱れは、ヘアサイクルに影響を与えます。

正常なヘアサイクルを維持するために不可欠なことは、

頭皮の血行が良い状態

であることです。

健康な髪が維持されるよう、良質な睡眠をとるよう心がけましょう。

ヘアサイクルの乱れを改善し正常なヘアサイクルへ

睡眠不足による抜け毛と成長ホルモン

成長ホルモンは、傷ついた細胞を修復したり、新しい細胞をつくるホルモン。

睡眠中、特に、22時から夜中の2時は、成長ホルモンが盛んに分泌される時間帯といわれています。

毛母細胞が生まれ変わる時間です。

そのため、睡眠不足(寝不足)や夜更かしをしていると、成長ホルモンが十分分泌されまぜん。

成長ホルモンの分泌が少ないと、髪が育たなかったり、頭皮環境の悪化につながってしまいます。

なぜなら、成長ホルモンは、髪の基本成分であるケラチンの基になる「たんぱく質」の代謝を促進させる働きをするからです。

成長ホルモンには、ケラチンを構成するアミノ酸(シスチンなど)の吸収率を上げ、タンパク質の合成を促す作用があります。

髪の育成環境のためには、成長ホルモンの分泌はとても大切なものです。

成長ホルモンの分泌にかかわる十分な睡眠は、髪の健康のためにとても大切なのです。

睡眠不足(寝不足)で抜け毛の症状が出てしまわないよう、夜更かしせず、睡眠は十分確保するようにしましょう。

睡眠の質を高めるサプリ

最近では、睡眠の質を高める機能があるというサプリ(機能性表示食品)が販売されています。

機能性表示食品とは

事業者の責任において、科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品です。
販売前に安全性及び機能性の根拠に関する情報などが消費者庁長官へ届け出られたものです。

カルピスのココカラケアは、CP2305ガセリ菌を配合した機能性表示食品です。

  • 睡眠の質を高める
  • ストレスを緩和
  • 腸内環境を改善

日常生活におけるこれら3つの機能を持つ乳酸菌サプリメントです。

睡眠の質改善・ストレス緩和・腸内環境改善に

 

他にも、睡眠の質を改善する機能があると報告されている「Lテアニン」という成分が配合されたサプリメントもあります。

Lテアニンサプリの効果で睡眠対策ができる

-薄毛原因

© 2021 女性薄毛対策110番